ボクとキミは2人で1つ

*増田貴久くんを応援しているブログです*
**増田くんが好き、それだけです**



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
増田貴久一人楽屋de大作戦 「まちマス」 5
----つづき-----



会場の大きな拍手に応えて、
挨拶に出てきてくれる増田くん。


ステージ向かって、左の端っこの扉から登場の時もあれば、
ステージ上の楽屋のドアから登場の時もありました。

登場して、
「増田貴久です」の挨拶から始まって、

「ひとりで舞台に立つっていう仕事が初めてで、
不安でいっぱいだったんですけど、
幕が開いたら沢山の人が観に来てくれていて本当に幸せです。
ありがとうございます。」


「自分らしく、自分ができることってどんなことだろう
っていうところから始まって考えて…
せっかくこういうステージだから、
あえて、ショータイムみたいのじゃなくて、
こういうカタチがいいかなーって思ったんですけど、
楽しんでもらえてたら嬉しいです。」


っていうような内容の挨拶をしてました。

そして

「円形の会場ってことで、見えにくいところもあるんですよね。
でも、こっちからはちゃんと見えてますからねー。」
「見えてますよー。見えてますよー。見えてますよー。」


って1階2階3階を見渡して優しく手を振ってました。

3公演目終わりの挨拶では、
「キッス」の
「どんな君もどんな時も受け止めるから I Love you 
 言葉はいらないよ 君が最後のkiss いつまでも」
って部分を歌ってくれたり。
アカペラで歌ってくれた時もあって、すごいキレイでした。


そのほか、回によって、
ちょっと違った内容の挨拶をしたこともあったりもして…
また番外編として(^^)書こうと思っています。


---------


なんだか「まちマス」に対して…思いが強すぎて…
胸がいっぱいで、このまっすーが作り出してくれた、“世界”を、
どう、言葉に、文章に表現したらいいのか難しくて…。
まっすーが作り出してくれた、
温かい雰囲気、空間は、言葉にできないくらいの
素晴らしいもので…
すごくあったかい、優しい舞台で…素敵な舞台でした。

「今自分ができる精一杯を…感謝の気持ちを伝えられたら…」
ってまっすーが言っていたけど、
感謝の気持ちを伝えたいのは、私たちのほうで…。

一人舞台という、初めての挑戦、初めてのお仕事に、
すごく不安でいっぱいで、
それは私たちの想像以上に、プレッシャーもあったことと思います。

いつか、まっすーが作り出す世界を、見てみたいなぁって
漠然と思ってはいたものの、
こんなに早く見れる日がくることに、
私としてもすごく戸惑ったし、不安で緊張で、心配で
苦しかったけど、もう想像以上に…
思っていたよりはるかにすごい、素晴らしい、優しい素敵な
ものを見せてくれて…
すごく今までで、いちばん、と言っていいくらいに、
幸せな空間、時間の中に居れたと感じています。
本当に幸せでした。

まっすーのこと、まっすーが、中学1年生の頃から応援してこれて…
まっすーの大きな出来事を、
リアルタイムに応援できたことも幸せに思えて…
でも、まっすーが、金八先生に出演決まったときも、
大河ドラマ「武蔵」に決まったときも、
こんなエピソードがあるとは分からずに今までいて…
てっきり、金八先生のオーディション参加の声はかかってて、
オーディションに行ったと思っていたし…
まさか、オーディションの声すらかかってなかったとも思わなかったです。

でも、そこで、自分から、普段なら声をかけれないような立場なのに、
ジャニーさんに、
「ボクも行ってもいいですか?」って声をかけちゃったっていうのも、
何かがそうさせた勇気だと思うし、
すごいなぁって…。
この金八先生に出られてなかったら、
またまっすーの人生も、違っていたと思うし…。

そして大河ドラマも、オーディションの話があって、
金八先生での演技がちょっと認められて
抜擢されたのかと思い込んでいて…
ジャニーさんにも、
ちょっと気に入られちゃって期待されてるのかなーなんて
感じたりもしてて…
まっすーの立て続けの活躍に、当時の私自身、
すごいねー、まっすー!!なんて浮かれてたけど、
そうではなく、
たまたま、大河ドラマのプロデューサーさんに
廊下ですれ違って声をかけられて、
大河出演に繋がったっていうのもびっくりで…

まっすーが、言っていたように、
「そんな偶然ってあるんですか?」って…。
たまたま自分だけ遅れてNHKに行って…
たまたま大河ドラマのプロデューサーさんとすれ違って…
たまたま目をつけていただいて…
なんか本当にすごいなぁって…。

プレゾンにしても、このプレゾンに出てなかったら、
今の自分はいないって言っていたように…
プレゾンに出てくれて良かった…って…なんか、泣けてきちゃいます。

金八先生にも出てくれて良かった…
もうほんとに今までのお仕事すべてに、感謝したくなるし、
何より、今まで、自分に与えられた目の前のお仕事を、
まわりのみんなに感謝しながら、
一生懸命やって、地道に頑張ってきてくれた
増田くんに感謝の気持ちでいっぱいになるし…

今回、いろんな実話に基づいて話してくれたエピソードには、
そうだったんだぁって思うことも多くて…
本当に自分の努力で、輝いてる人なんだなぁって…
改めて好きになったし…
まっすー自身、普段、あまり過去のことや、
自分の辛かった気持ちとかって話さないし…
今回の「まちマス」でも、自分ではどの経験も、
すごく楽しかったし、すべての仕事から
学ぶことが多かったって話してて…

ブータンの、
「辛いこといっぱいあったじゃん!」って声に対して、
辛いこともあったけど、でもそれは全然無駄になってないし、
一つ一つの今までのこと全部が繋がって、
今の自分があるって…
こういう思考が強いなぁって。

いつも
今の自分の居られる環境、自分のまわりにいるすべてのみんな、
応援してくれてるファンのみんなにすごく感謝していて…
本当に器の大きい、かっこいい、素敵な人だなーってすごく感じました。

辛いこと…ほんとにいっぱいあったはずなのに…。
同期のみんなや後輩とかも出てたレギュラー番組に、
まっすーだけ出られなかったりもして、
どうして??って毎回すごく思っていたし、
私なんかが思う以上に、まっすーは当時、
もっと、悔しい思いしたんだろうなーとか思うと、
ほんと偉いなぁって改めて思っちゃたし…

ブータンが、
「出るはずだった音楽番組に、スタジオが狭くなったから
出なくていいよーって言われて、
次の日、テレビ見たらジュニア100人くらいが踊ってて
悔しい思いしたんじゃないの?」みたいなことを
言っていたけど…
もし自分だったら、悔しくてショックでくじけちゃうだろうなーとか思ったし、
まっすーのその時の気持ちを思ったら、すごく辛くなったりもしたけど…
まっすー自身が、そういうこともあったけど…って前向きに…
いつも前を向いてて…
本当にすごいなぁって…
かっこいいなぁって…。

いつも私たちの前で、優しい笑顔を振りまいてくれて、元気をくれて…
沢山悔しい思いだって、いろんな思いだってしてるはずなのに、
元気な姿を見せていつもいつも元気をくれて…
ありがとうって心から思います。

「まちマス」では、
普段、弱い部分を見せないまっすーの知らなかったことも知れたし、
なんだかすごくいろんなことを考えさせられました。

まっすーの心の強さをすごく感じたし、
更に、増田貴久くんってひとが好きなったし、
改めて、増田くんへ…ありがとうって心から思ったりもしました。

増田貴久くんを応援できていること、好きなれたこと、
本当に、すごく嬉しく思います。


こんなにも幸せな時間を過ごせたのも、
会場で、お会いできたお友達の皆さま、
そして、一緒にこの「まちマス」を観てくれたお友達、
連日一緒に過ごしてくれたお友達のおかげでもあって…
この「まちマス」を思い出すと同時に、
お友達との楽しかった時間も思い出されて…
お友達の皆さまにも、本当に感謝の気持ちが溢れます。

今でも思い出しては感動。
思い出し涙の日々で…
本当に本当に幸せな幸せな5日間でした。


増田貴久くんはじめ、ブータンの声役の方、
この「まちマス」に関わった、スタッフの皆さま、
会場に足を運んで観劇された皆さま、
会場に行くことはできなくても、
期間中、まっすーにエールを送っていた皆さま…

皆さま
お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。



それから
ここまで読んでくださってる方……はいないと思いますが(^^;
読んでくださった方、ありがとうございました☆


セリフとか、曖昧な部分もあって、
確かじゃなかったり、もしかしたら、流れの順番とか、
どこか間違えてたりする部分もあるかもしれないですが…
こういう内容だったっていう雰囲気だけでも…
少しでも伝わったら嬉しいなーって思います。



また
こちらに書いちゃうと、ゴチャゴチャになっちゃいそうなので、
「まちマス」番外編として、思い出をアップしましたので…
そちらも良かったら…☆

    ←「まちマス」番外編へジャンプ

| *増田貴久一人楽屋de大作戦「まちマス」5 | 02:10 | comments(0) | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE